Oculus SDK 0.7について

needletestneedletest 投稿:2
8月 2015 編集されました カテゴリ: 日本語(一般)
8月20日にOculus SDKおよびRuntimeのv0.7が公開されます。
0.7ではExtended Modeに代わってNVIDIA・AMD様との協力の下で開発されたDirect Driver Modeが導入される等、安定動作や遅延の削減に役立つ様々な変更が加わります。ただしその影響により、0.7 RuntimeにおいてはSDK 0.5以前を用いて作られたバイナリが動作しません。開発者の皆様には大変お手数をおかけしますが、SDK 0.5以前を使ったソフトウェアを開発されている場合、SDK 0.7リリースの際には0.7(あるいは0.6.0.1)を用いての再度のビルドをお願いいたします。
Unity 5.1およびUnreal Engine 4.8以降のネイティブRift対応では、SDK 0.6ベースのエンジン統合が行われているため、この影響は受けません。Unity 4.xでは0.6ベースの旧Unity Integrationが使用可能となる予定ですが、中長期的にはUnity 5.1への移行をお勧めします。
なお、SDKとRuntimeのバージョンの下位互換性の保証は、SDK 1.0に到達するまでは直前1バージョンのみの対応となっていますが、1.0以降はより長期間維持されるようになる予定です。現状では、SDK 1.0のリリースは11月頃を目標としています。
SDKの更新に際してのご質問は、Facebook上のOculusデベロッパー助け合い所グループ、および本掲示板などへお問い合わせをお願いいたします。

コメント

  • junyajunya 投稿:1
    UE4のOculus SDK 0.6対応が行われたのは4.8からになりますので、それ以前のUE4で制作されたコンテンツをOculus Runtime 0.7と組み合わせて動かせないのでUE4.8以上のバージョンを使う必要がありますね。:)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。